スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『地獄の門』

2007年03月07日 23:24

こんばんは、アタシです。
さーみぃです…明日は雪が降るとか。
ここは太平洋側。山の麓とはいえ、あまり降らない。
のに、雪予報。
今度こそ雪だるまか!!(何歳だ、お前は)


アタシは自分で深くは関わっていないし、
深い知識はないけれど、芸術が好き。
彫刻や絵画、書なども、とても好き。
ただし、知識はないけれど。
勉強すればもっと楽しいのかもしれないけど、
現在進行形で、今まで感覚的なところを大切にしてる。
自分が良いと思ったものが良い。
他の人がそれに対して好き嫌いはあるかもしれないけれど。
それはまぁ当然だろうし。
たとえば、アタシの父は、画家のレンブラントが好き。
でも、アタシはあんまり。決して嫌いではないけれど。
アタシが好きなのはユトリロ
何故か、色んな絵画に混じって展示されていても、
ユトリロの作品は題や作者を見ずとも分かる。
まぁ、特徴あるから当たり前だけれども…。
そんな感じ(どんな?)で、感覚的に好きな作品は沢山。

で、今回書きたいのは、
オーギュスト・ロダンの代表作の1つ、
『地獄の門』
ロダンはもう言わずと知れた『考える人』作者だけれど、
『考える人』は『地獄の門』の中心部に在る彫像を
1つの作品として世に出したもの。
『考える人』の原型は、『考える人』実物よりも小さいです。
手軽に見たい人は、東京は上野にある、
国立西洋美術館入口前のブロンズ像を観ていただくのが良いかと。
もうちょっと足を伸ばすなら、静岡のロダン館
本物の『地獄の門』を観たいなら、
フランスはパリのオルセー美術館までどうぞ。
その時はあたしも連れてってください…。

話がずれた。
あたしはのもっとも好きな作品の1つ、『地獄の門』。
ダンテ『神曲』地獄篇に登場する地獄の門を
作品のにしたもの。
アタシは神曲は中学の時に、ホントに頭少しだけ見て、
後は見ずに図書館に本を返却してしまったのだけれど…。
でも、色んなもの(書籍だの何だの)を見て思ったけれど、
この作品はダンテの神曲の中の存在よりも、
ロダンが精神的世界に描く、
自身の地獄の入口に他ならないんじゃないか、って…。
そう思うからこそ、この作品を愛しているんじゃないか、って。
ロダンも、アタシも。そして、世界中の人達も。

芸術って、そういうものなんじゃないかと思う。
何よりも深く自分自身を映す鏡。
何よりも慈悲の心で彫られた仏像は、
慈しみの眼差しで、今も世界を見ていらっしゃる。
自由を手にした喜びに旗を持ち、人民を先導した女神は、
どこまでも自由の喜びに満ち、誇らしげだ。
そして、ウェディングドレス姿のアタシを描いた作品は、
とても優しく柔らかい感情に抱かれている。
音楽も、そうだと思う。

少なくとも、アタシはそう思ってる。
まぁ、詳しい人から言えば侮辱にも取れるかもしれないけど。
それでもアタシはアタシの視点で沢山のものを観るし、
これからもそうだと思う。

いつか、今と変わらない心のままで、
オルセー美術館の『地獄の門』や、
他にも世界に沢山在る芸術品をこの目で…。



さて、お風呂はいって寝ましょう。
今日は娘もちゃんと寝てるし。
明日、洗濯できるかしらねぇ…。
では、また。



アイ
スポンサーサイト


コメント

  1. アイ | URL | -

    さね>

    芸術には、はかり知れない力が、
    確かに存在するよね。
    確固たる生命を持ってる気がする。
    人間なんかよりもっと強い命。

    油絵は分からんよ~。
    本場に行けばかきたくなるかもhttp://blog89.fc2.com/image/icon/e/3.gif" alt="" width="14" height="15">
    まぁスケブに鉛筆で十分かhttp://blog89.fc2.com/image/icon/e/814.gif" alt="" width="14" height="15">
    最近やっと引っ張り出してきて、
    あの絵を飾ったよ。
    玄関にhttp://blog89.fc2.com/image/icon/e/264.gif" alt="" width="14" height="15">
    大好きな絵ですよ。
    大切にしますhttp://blog89.fc2.com/image/icon/e/420.gif" alt="" width="14" height="15">

  2. さねやす | URL | -

    芸術って本当に範囲が広すぎて、ほぼ毎日芸術に触れていると時々どんなものなのかすら分からなくなるよ。美術作品の「本物」の持つ力はすごいよ。圧倒的。それがどんなジャンルのものであっても、こっちが作品に見られてるような感覚になるよ。あたしは「本物」に会いに奈良に来て、「本物」に会う為に奈良を出るんだ...まだ、先の話だわi-201
    結婚式のときに描いた絵。懐かしいi-26油絵って苦手なんだよねi-201あれがあたしの最後の油絵の作品だよ(多分)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://center2ai.blog89.fc2.com/tb.php/53-6b4a86ee
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。