スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃぁ、

2007年03月22日 23:26

こんばんは、アタシです。
水泳とスケート、一緒の時期にやるから、どっち見るか、
迷う…だってどっちもリアルタイムで見たい
でも無理なので、スケートを録画。
ふぅ…


スケート、織田信成選手が大好きです。
昨日のトリプルアクセル失敗で、14位スタートのフリー。
でも、フリーは安定してて、凄く楽しかった。
信成選手本人も笑顔だったし、アタシは嬉しい

でも、世の中とはおかしいもので、
彼の演技前、アナウンサーの言葉。
「もう失うものを気にする必要はありませを」
とかふざけたこと言いやがって
どれだけ選手が頑張ってるのか、考えもしない言葉。
信成選手だけじゃない。全てのスポーツ選手のこと。

今でこそ高橋大輔選手はメダルの位置にいる。
でも、数年前はどうだったよ
ガラスのハートとか散々言ってたくせに、
上に昇ればエースだなんだ。

そうだろうよ。
所詮は戦うのは選手であり、見ている人間ではないさ。
言うのは勝手かもしれないが、そういうのが選手の首を絞め、
追い込んでダメにしたことだって沢山あっただろ。
安藤美姫選手なんかが最近では記憶に新しい。
4回転だなんだ、散々言って、失敗すれば文句の嵐。
無理なことをやらせたのは、メディアや外野の人間だ。
それでなくても多感な時期なのに、何でそれが分からない。

外野だからこそ言えることを好きに言って傷つけてることに、
何故に気付かないのか…哀れにすら思う。言った人間を。

アタシは選手側の人間だから。気持ちは今でもアスリートだから。

だから、言いたい。
「そんな言い方するなら、てめぇがやれよ。」
と。
「失敗したら、あんたが言ったことを同じように言ってやるから。」
と。


スポーツだけじゃない。
映画でも、漫画でも、芸術でも、料理でも、
何でも同じだ。

文句を言うだけなら、てめぇがやれ。
アタシはあんたが今言った言葉、そのままかけてやるからよ。
どれだけ傷つくか、思い知りやがれ。
できないなら、文句言ってんな。

何がメダルだ。
何が優勝だ。
外野は頑張ってる人を称えるべきだ。
こうやって、メディアで見られる場所で戦っている実力を。
それができないなら黙ってろ


あぁ…久々切れた。マジに。
すっきりしたから寝よう。
では、また。



アイ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://center2ai.blog89.fc2.com/tb.php/69-8bd8f04c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。