スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『最近の若者は』

2007年04月20日 08:13

おはよです、アタシです。
旦那が早い出勤の今節。朝は早くに時間ができます。
今日は珍しく娘がまだ寝てるし。
8時半まで起きなかったら起こそう。
それにしても、久しぶりの清々しい天気だにぁ


さて、今回ちょいと考えるべきことを書こうかと。
題にもあるようなことを、少し。

よく聞くよね、『最近の若者は○○だ。』とか。
これってどうかと思うぞ大人達よ。固定的に人間考えすぎ。
メディア沙汰になる若者達を見て、こういう発言する人、沢山。
そうでなくても、日常会話のように使われている言葉。
人なんて近かろうがなんだろうが、顔と同じく一人一人違って、
考え方や行動、被服から食料まで、
よく見なくても全く違うのに、何でそんな固定的な言葉で、
若者という多数の人間の価値を張り付けてしまうのか?
そんな捨てたもんじゃないのに。
まさに、木を見て森を見ず。
若者にだけ努力を求めて、自分達から歩みより、
理解しようと努めない人間になんて、誰も期待しないよ。
だから、どんどん離れていくんだってどうして気付かない?
ただ歳をとるだけが能じゃないんだよ?
歳をとった分だけ、知識や理解を深めなきゃ、
その辺のオブジェと変わらないよ。


でも、若者と呼ばれる世代人も、考えて欲しいと思う。
よく言ってるんじゃないかと思うけど。
『大人は○○だ。』
大人だって腐るほどいるのに、目先の人間だけを見て、
大人と言われる人達の価値を貼り付けてしまってる。
自分達をひとまとめにされるの嫌がるのに、
自分達もしてるよ?気付いている?
確かに分かってくれない大人も沢山いるかもしれない。
でも、分かってくれる人、分かろうとしてくれる人、
自分から見つけようと動けば、必ずいるんだよ。
分かってもらう努力をカッコ悪くたってしなきゃ。
足掻かなきゃ変わらないことだって、いっぱいだよ。
視界が狭くなってしまって、見えてないだけ。
深呼吸して、もう一度世界を見回してみたらいい。
思っているより、人間の世界だって捨てたもんじゃない。
世界は、まだまだ美しいよ。
それに気付くには、自分から踏み出していかなきゃ。


忘れちゃダメだよ。
自分だって若者だったこと。歳を重ねたから見えたことが山程ある事実。
自分だって大人になること。歳を重ねなきゃ見えないことが山程ある事実。

アタシは、いつだって『まんなか』だ。
多分それは育った環境がそうだから。
育ててくれた人や、一緒に育った人が、
みんな『まんなか』な人間だから。
それがたいして素晴らしいとは思わない。
そうであるが為に、不器用なアタシは立ち回れずに、
傷ついたことやなくしたものが沢山だ。
それでも、それすら力に変えて、誰かの力になれたらいい。
そう思ってる。


さ、娘をそろそろ起こそうかな。
では、また。



アイ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://center2ai.blog89.fc2.com/tb.php/79-63e4c9c2
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。